専業主婦でも借入申込できる

働いている配偶者がローンを借入出来るのに、専業主婦は借入申込できないと思ってらっしゃるのであれば、それは大きな間違いです。

確かに総量規制の導入直後はそういった風潮が消費者金融業界全体を覆っていましたが、現在は専業主婦向けのキャッシング商品も充実しており、審査を経た上での利用が可能になってきました。

では働いていない弁済財源のない専業主婦や、莫大な返済財源があるわけでもないパート勤務の主婦がどのようにしてキャッシング申込することが出来るのかというと、実は貸金業者側では配偶者の所得を主婦の所得とみなして申込することが出来ます。

つまり配偶者の所得の多くを家庭内で支配しているのは実質妻が圧倒的です。
夫は働いて妻はそれを管理しているという家庭が多い為、夫の所得を妻の所得と見做してローン申込をすること自体は何ら違法ではありません。

従って消費者金融や信販会社などでは、返済財源を夫の所得として申込を受け付けているところはたくさんありますし、またそれは大変大きな市場であることから、貸金業者の多くがその市場に目を向け、貸し出しに力を注いでいます。

さてこの主婦向けのキャッシングサービスは多くの業者が参入しているものの、まだ知名度も低く正確な情報が少ない事から申込や返済のトラブルも多いようです。

しかし正しい知識と認識と自己管理の下で利用することが出来れば、なんら怖い商品でもないのも事実ですし、それを得る機会さえ用意すれば、きっと多くの主婦が安心してキャッシングを利用できるのではないでしょうか。

今回は主婦向けキャッシングをする際の基礎知識や注意点、そして利用した場合の利便性や申込時の個人信用情報機関から見た信用度、そして入出金の利便性や主婦向けキャッシングに填まり過ぎない為の自衛策や、ローン地獄にならない為にどのような対策を講じていくべきかについて、具体的な例を出しながら掘り下げてお話していきたいと思います。

このページの先頭へ